日本の大地震発生リスクを「バヌアツの法則」から検証した結果

2020年1月からの震度4以上の地震の頻度は以下のグラフのようになっています。

2020年は前半に震度4以上の地震が多発したのが特徴です。その後、年後半は9月を除いて静かな状態が続いていましたが、2020年12月に7回発生した後、2021年に入ってからは2月13日に福島県沖で発生した震度6強(M7.3)の地震をはじめとして、再び増加傾向となっています。

2021年3月には、9日に宮城県沖で震度4(M4.8)の地震の後、14日に熊本県で1年4か月ぶりの震度4(M4.4)、15日に和歌山県北部で9年8か月ぶりの震度5弱(M4.6)、16日に茨城県南部で震度4(M4.8)、17日に福島県沖で震度4(M5.3)、20日に宮城県沖で震度5強(M6.9)と震度4以上の地震が計6回発生しました。

ところで、バヌアツでM6以上の地震が起きるとしばらくの日数をおいて連動するように日本でも大きな地震が起きると言う「バヌアツの法則」という言葉があります。

今回は、この「バヌアツの法則」の観点から日本の地震リスクを探ってみます。

目次

「バヌアツの法則」とは

まず、南太平洋のリゾート地として有名なバヌアツの場所を以下の地図で確認しておきましょう。

バヌアツはオーストラリアの東に位置し、83の島々からなる共和制国家で、イギリス連邦加盟国です。(首都はポートビラで人口約29,000人)


(出所)外務省ホームページ

また、バヌアツは太平洋プレートとオーストラリアプレートの境目に位置しているため、地震が頻発する地域として知られています。


(出所)Wikipedia「プレート」より

バヌアツの法則」とは、上に書いたようにバヌアツの大地震が日本の大地震の発生に影響を及ぼすという法則です。

よく例にあげられるのが、以下の通りで・・

2016年4月3日   バヌアツ M6.8 → 4月14日 熊本地震 M6.5 (11日後)
2016年4月14日 バヌアツ M6.0 → 4月16日 熊本地震 M7.3  (2日後)
2018年8月22日 バヌアツ M6.7 → 9月6日  北海道胆振東部地震 M6.7 (15日後)

これ以外にも過去のデータを分析すると、連動性があるように見えます。

日本の地震発生リスクに注意が必要

2020年初めから2020年6月1日までの日本とバヌアツの地震発生を以下のグラフにまとめてみました。

日本については震度4以上の地震をマグニチュード(震源地における地震そのものの大きさ)で表示し、バヌアツについてはM4.5以上の地震を表示しています。

(気象庁およびUSGSのデータより筆者作成)

バヌアツでは、2020年3月18日にM6.1の地震が発生しましたが、このときは幸いにも日本では大きな地震は発生しませんでした。

2020年5月27日にもバヌアツでM6.1の地震が発生しましたが、この日の前後から日本とバヌアツで地震が頻発しています。

上のグラフには、満月と新月のサイクルも入れていますが、特に5月中旬以降は満月や新月のタイミングと関係なく地震が頻発しているのがわかります。

さらに、2020年10月4日までの地震発生を以下にまとめました。

8月は珍しく日本では震度4以上の地震が発生しませんでしたが、9月に入ると4回発生しています。特に、9月27日に静岡県で発生した震度4(マグニチュード5.3)の地震は、震度4以上の地震としては2019年11月17日以来のことです。

(気象庁およびUSGSのデータより筆者作成)

以下の記事で、過去の大地震発生と満月・新月の関連性について触れています。

さいごに

2021年2月10日の22時20分頃、南太平洋でM7.7の地震が発生しました。バヌアツなどで津波が観測され、2月12日の新月の翌日の13日(23時8分頃)に福島県沖でM7.3(震度6強)の地震が発生しました。

また、2021年3月4日の22時27分頃にニュージーランド沖でM7.3、3月5日の1時53分頃にバヌアツでM6.1、2時41分にニュージーランド近辺でM7.4、4時28分頃にニュージーランド・ケルマデック諸島を震源とするM8.1の地震が立て続けに発生し、15日後の3月20日に宮城県沖でM6.9の地震が発生しました

その後、3月29日の満月から3日後の4月1日の18時57分頃に、ニュージーランド・ケルマデック諸島でM6.6の地震が発生しました。経験則的には、4月12日の新月の日前後が要注意日となります

 

以下の記事で地震に関係すると言われる天王星、海王星、冥王星の逆行について触れています。

2021年のそれぞれの逆行期間は以下の通りですが、逆行開始日(以下の太字)前後が要注意日となります。特に、4月27日と6月25日は満月の日と重なっていますので、特に注意が必要です。

冥王星:4月27日〜10月6日、海王星:6月25日〜12月1日、天王星:8月19日〜2022年1月18日

コロナで打撃を受けた日本に大地震が来ないことを願っていますが、今後ますます注意を払い災害に備える必要があります。


目次
閉じる