運気を上げるために住むべき場所とは?縁のある土地を見つける方法

仕事、家庭、人間関係・・・すべてにおいて気持ちよく運良く生きていくために大切なこと、それはズバリ「住む場所」です。仕事だけ一生懸命頑張っても「運気を下げる場所」に住んでいたら、それは残念ながら努力が空回りするだけです。ただ無駄な時間が過ぎていくばかりなのです。

今回は、人が生きていく上で一番の基礎となる「住まい」について、わたしの経験も交えながらお伝えします。

ぜひ最後までおつきあいください。

目次

相性のいい土地に住もう

みなさんは「はじめて住む場所」を決めるためにいろいろ見て回ったりしている中で、何を基準にしていますか?

わたしの場合、初めてその土地を訪れたときに目に入ってくる「その街の景色」となんとなく肌で感じる「そこに漂う雰囲気」で決めています。第一印象で気に入ったらもうほとんど決まっているようなものです。

たとえ物件が自分の好みに合わなかったとしても、不動産屋さんに「この地域に住みたいので、他に部屋はありますか?」と聞くようにしています。さらに、その時に物件がない場合でも、後日また連絡をくれるようにお願いするように心がけています。

という感じで、物件よりも「その土地との相性」にこだわっています。

自分の直感を信じよう

話は変わりますが、かなり以前に都内の人気のある地域に物件探しに訪れたことがあります。ところが、どれもしっくりこなくて結局やめました。

それから数年後に、たまたま職場に近いということでまた同じ地域で部屋を探すことになり訪れたのですが、そのときもやはり以前と同じ「気乗りしない」雰囲気が漂っていました。それで再度パスしました。

そして後日、たまたまある本を読んでいて、その地域が(今のおしゃれなイメージとは違い)〇〇時代にはあまり治安がよくない地域だったというのを初めて知り、「あ、やっぱり・・」と思ってしまいました。

この時、自分の直感を信じることが大切だと確信したのです。

一目惚れした街に共通していたこと

ところで、これまでの人生で一目惚れした街に2回出会ったことがあるのですが、どちらも共通点がありました。それは「緑の匂い」「澄みきった空気」が街に漂っていたことです。そして、環境としては近くに山があったことです。

個人的にはなぜか「山の神々しさ」というものに自然と惹かれるものがあり、なんだか妙にホッとするんですよね。

結果、緑の匂いがたちこめている場所に住むと運も上向きになっていく、心も落ち着いて精神的にもいい、身体に良い気が流れている、こういう環境がわたしにとって相性がいいと悟りました。

おそらく、これまでの引越しでいろいろな土地に住んできた経験のおかげで、だんだんと相性のいい土地を見つける直感が高まっていったのだろうと思います。

相性の良くない土地に住んだ最悪の例

もちろん、まだまだ経験が浅いときに相性の良くない土地に住んだこともあります。その時は、土地との相性を考えずに物件の間取りだけで決めてしまいました。

残念ながら、そこに住んでいる間はとくに妻が大変でした。ずっと気管支炎をやられ喘息との闘い、おまけにブラック体質の職場でトラブルが次から次へと発生していました。今思い出しても何一ついいことがありませんでした。

結局、妻が体を壊し仕事もやめることになったのをきっかけに気分を一新したいと思い、新しい土地に引越しました。そうすると、わたしも妻もそれまでの悪い運気が嘘のように良い方向へ…という経験をしたことがあります。

その時以来、物件よりも土地選び土地との相性をとても大切にするようになったのです。

さいごに

何をやってもダメなことが続く ー そんな時はきっと今住んでいるところは、あなたが住むべき土地ではないことを暗示しています。

運気を上げるためにも、自分の直感を信じて相性の良さそうな場所を見つけて早く引越しましょう。



目次
閉じる