メンタルコントロールの一助、神社仏閣への参拝でパワーをもらおう

昔から「苦しい時の神頼み」「願掛けをする」という言葉があります。

転職すべきか悩んでいる時、転職活動が思うように進まなくて落ち込んでいる時に神社仏閣に参拝することは、メンタルコントロールに効果的だと個人的には思っています。

わたし自身、失業中の長引く転職活動、そして外資系企業での営業成果がなかなか出ない時には、定期的に神社に参拝したおかげで、自分の力の及ばない不思議なパワーをもらえたことを実感したことが度々ありました。

というわけで、今回はメンタルコントロールに効果的な神社仏閣への参拝について書いていきます。

目次

神聖な場所からの不思議なパワー

神社仏閣に行ってみるとわかりますが、一歩足を踏み入れるとそこは俗世間から離れた神聖な場所です。何百年も前から存在し、何人もの人が世代を超えて訪れてきた神社仏閣は、まさに日本人としての「心の拠り所」で身近なパワースポットとも言えます。

神聖な場所で心を清めてお祈りすることは、精神の状態が不安定な時期に必要ですね。

特に失業中は、転職活動が長引けば不安に襲われて夜中に急に目が覚めてしまうこともあったりします。

精神的に落ち込んだ状態が続くと、生活費を稼ぐだけの目的で、自分の経歴と関係ない企業に応募したり、運良く面接に進んだとしてもどことなく心の余裕のなさを見透かされたりすることもあったりなど、どんどん悪循環にはまってしまいます。

こんなときは、近所でもいいので、神社仏閣への参拝がおすすめです。不思議なパワーで悪循環を断ち切り、自分にまとわりついた雑念・不安・恐怖を取り払ってしまいましょう。

そうすれば、書類選考をパスして面接の段階に進んだ場合にも、緊張しないで受け答えができるパワーをもらえるという効果がでてくるかもしれません。

神社仏閣の参拝で重要なこと

神社仏閣の参拝で大事なことは、以下の記事に書いています。

実感した参拝のご利益

自分にとって一番印象的なご利益は、外資系企業に入ってからパワースポットとして関西のある有名な神社へ参拝した後のことです。ここを訪れるたびに「良い兆し」を実感しました。

たとえば、こちらからアプローチしようとしていた見込み客の方から思いがけなく良い知らせがあったり、取引パートナーから見込み客を紹介してもらったりということを経験したことです。(そして、ありがたいことに実際に契約に至りました!)

その後も、その神社に定期的に参拝した結果、ある企業と大きな取引ができボーナスが大幅に増えたというご利益も。こんな時、自分の力を超えた何か目に見えない大きなパワーが働いているような気持ちでした。

神社仏閣への参拝は、苦しい時や不調な時に限らず、精神の平静を維持する点で、できれば定期的に行った方がいいでしょう。

また、人それぞれ神社仏閣との相性があるので、雑誌やサイトで取り上げられているような有名な神社仏閣に限らず、近所の小さな神社も含めてできるだけ数多く訪れて自分に合った場所を探すのがベストです。

四神相応の地とは

ここでちょっと話題を変えて、「四神相応の地」について紹介します。

平安京は、四方の方角を司る四神(北の玄武、東の青龍、南の朱雀、西の白虎)の存在に最も適しているとされる地形が存在する「四神相応の地」として造られた都で、風水では古来よりこの条件を満たす土地は長く繁栄すると考えられてきました。

「四神相応の地」である京都では、この中央を守護する「平安神宮」と東西南北を守護する平安京ゆかりの神社(八坂神社=東、松尾大社=西、城南宮=南、上賀茂神社=北)を巡る「京都五社めぐり」が静かなブームとなっています。

五社をめぐりながら参拝のしるしとして、それぞれの御朱印(各300円)を専用の色紙(1,000円)に集めることができます。

shrine5kyoto

京都五社めぐりのご利益

以前、SBIホールディングスの北尾社長が、執務室に開運グッズ「四神の置物」を置いて良い運気を維持しているという記事を読んでから、「四神相応の地」である京都で「五社めぐり」をしたいと思っていました。

わたしは2社目の外資への転職が決まった際に、幸先良いスタートを切りたいと思い、東京から京都に移動し2日間かけて「京都五社めぐり」を実行しました。

その後の自分の姿を振り返った場合、今の自分は四神のパワーで守られていると感じています。

みなさんも京都に行ったついでに、ぜひいろいろな神社仏閣を巡りながら自分にとって相性のいい神社仏閣に出会い、神聖な気の流れに触れてパワーを感じてみてください。とてもいい気分転換にもなりますよ。

高野山 – 最高のパワースポット

今までいろいろな神社仏閣を訪れましたが、最も強いパワーをいただいたと感じたのは、高野山に行った後でした。

日本の聖域と言われる高野山でお気に入りの宿坊に泊まって、写経や朝のお勤めで精神を清めてから、「奥之院」へ行った時に感じた不思議なパワーは今でも忘れません。

自分と相性がよい場所のようなので(というのを肌で感じた)、毎年、高野山には訪れています。

ということで、今回は、少しスピリチュアルな話になりました。

時間に余裕があれば、みなさんもお気に入りの場所へぜひ訪れてみてください。

*筆者は特定の宗教を信じておらず、また、特定の宗教団体にも属しておりません。

目次
閉じる